腰椎椎間板ヘルニア-治療・手術・症状・看護
腰椎椎間板ヘルニア-治療・手術・症状・看護

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、腰から足にかけて痛みやシビレ、腰痛などが挙げられるが人によって様々である。


腰椎椎間板ヘルニアの症状は、どの症状も辛いと思う。


痛いのも辛いのも・・・生きている証拠だ!!といわれた事がある。もちろんその通りで、死んでしまえば、痛くも辛くもない。


腰椎椎間板ヘルニアになった人でないと解らないが、本当に歩くのも、痛くて辛いと聞いたことがある。


また、いったん座ってしまうと立ち上がる時に、一苦労している人も多い。


考えて見れば、腰椎椎間板ヘルニアと病気の名前に腰という言葉が入っている通り、立ち上がるにしろ、寝ていて、寝返りを打つにも腰が痛いと嫌になる。


同じ仕事・作業をしていても、腰椎椎間板ヘルニアだと仕事の能率の悪いと感じられる。


もちろん、本人は一生懸命したいと、頭の中で解っていても体が思うように動かないから仕方ないのかも知れない。


あまり、攻めずに暖かく見守ってあげたい。


それから、腰をかばうあまり、転んだりしてほかの所を痛めないように気をつけて欲しいと思います。