腰椎椎間板ヘルニア-治療・手術・症状・看護
腰椎椎間板ヘルニア-治療・手術・症状・看護

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、腰から足にかけて痛みやシビレ、腰痛などが挙げられるが人によって様々である。


腰椎椎間板ヘルニアの症状は、どの症状も辛いと思う。


痛いのも辛いのも・・・生きている証拠だ!!といわれた事がある。もちろんその通りで、死んでしまえば、痛くも辛くもない。


腰椎椎間板ヘルニアになった人でないと解らないが、本当に歩くのも、痛くて辛いと聞いたことがある。


また、いったん座ってしまうと立ち上がる時に、一苦労している人も多い。


考えて見れば、腰椎椎間板ヘルニアと病気の名前に腰という言葉が入っている通り、立ち上がるにしろ、寝ていて、寝返りを打つにも腰が痛いと嫌になる。


同じ仕事・作業をしていても、腰椎椎間板ヘルニアだと仕事の能率の悪いと感じられる。


もちろん、本人は一生懸命したいと、頭の中で解っていても体が思うように動かないから仕方ないのかも知れない。


あまり、攻めずに暖かく見守ってあげたい。


それから、腰をかばうあまり、転んだりしてほかの所を痛めないように気をつけて欲しいと思います。


腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療

 

腰椎椎間板ヘルニアの治療には、やっぱり安静と家族の愛情が一番だと考えます。


今では、腰椎椎間板ヘルニアの治療は手術ばかりでなく、ブロック注射・リハビリ・レーザーなど色々あると耳にしたことがあります。


腰椎椎間板ヘルニアの治療は、色々ある治療法の中から自分にあった治療を、如何に見つけ出す事が出来るが大事だと思います。


腰椎椎間板ヘルニアの治療も、ゆっくりと焦らず自分のペースでやるのが良い。


日々、目に見えて一気によくなる病気でもないので、根気良く辛抱強く頑張らなければなりません。


腰椎椎間板ヘルニアの治療をしても、天気の良い時・雨の日・雨の前日の日・天候や季節によっても体の調子は変わります。


せっかく、腰椎椎間板ヘルニアの治療をしたのに?治ってないと疑問を抱き、リハビリや治療をやめたりせずに続けてほしいです。


腰椎椎間板ヘルニアの治療、は医療ばかりでなく、家族の皆さんの協力や理解も
必要不可欠だと思います。


何より、腰椎椎間板ヘルニアの治療・リハビリをしている本人が、一番辛いと思うから。


腰椎椎間板ヘルニアの看護

腰椎椎間板ヘルニアの看護

 

腰椎椎間板ヘルニアの看護は大変。


特に、手術をした腰椎椎間板ヘルニアの看護は計り知れないくらい苦労も耐えない。


腰椎椎間板ヘルニアの看護に不安を抱くのは当たり前。


初めての介護ならなおさらの事。


腰椎椎間板ヘルニアの看護をされる人も本当にありがたく感謝していると思う。


ただ、感謝していても口に出しては言えない。逆に、看護してもっている家族にイライラをぶつけてしまいます。


素直に有難うと言えればいいのだが、本人にしてみれば恥ずかしい・照れくさい気持ちもあるんだろう。


介護する人も、有難うの一言も言ったら良いのにとお互いに、イライラやストレスが溜まってくる。


腰椎椎間板ヘルニアの看護は、介護される人もされる人もお互い思いやりの心・感謝の心を持てば、ストレスやイライラもなくなる。


腰椎椎間板ヘルニアの看護にしても、笑顔の耐えない楽しい介護になるのではないでしょうか?


介護しなくてはならないのだから、同じやるなら、お互い気持ちの良いものにしたいと感じます。


腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰椎椎間板ヘルニアの原因

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因は、日常生活にもある。


重い物を中腰で持ったり、長時間の車の運転とか、長時間座ったままの仕事が、腰椎椎間板ヘルニアの原因の1とつに考えられる。


腰椎椎間板ヘルニアの原因は、腰に長時間負担が掛かっている事が多い気がする


普段から、背筋を伸ばし、正しい姿勢で生活していきたいものである。


だからといって、あまり不安になる事もない。


腰椎椎間板ヘルニアの原因になるかも知れないから・・・と、長距離の運転手を辞めたのでは、生活が成り立たないからだ。


お仕事をして少しでもお金をとって、納豆なり卵なりで細々とでも食べて、生活していかなくては生きていけない。


腰椎椎間板ヘルニアの原因に、老化も私ははずせないと思っています。


誰でも年を重ねる。「やっぱり年には勝てない」という言葉を、年配の人生の先輩が言っているのを良く耳にする。人生の先輩が言っているから、間違いない事実だと思う。


頭で考えて思っているように、体が動かずについていけなくなるのだろう。


腰椎椎間板ヘルニアの闘病

腰椎椎間板ヘルニアの闘病

 

腰椎椎間板ヘルニアの闘病。闘病というからには、まず自分で自分に勝つ事が大事なんではないかと、私は考える。


腰椎椎間板ヘルニアの闘病は、痛さとの我慢比べのところがあると思うし、痛さも半端出ないと思う。


本人は、気持ちで絶対に病気に負けないことだ。


腰椎椎間板ヘルニアの闘病には、強い本人の意思は絶対欠かせない。


食欲はある。けど、痛いから動けない。


生きていて、内臓(胃・腸)はなんともないので、食べて、ただ、横になって・・・怠けているのでは?と思いがちだが、本人は痛くて動きたくても動けないのだ。


痛くて動けないんだなぁ。


本人は、動けるんだったら自分で、自分の思うように仕事でも・日常生活でもしたいんだろなぁと動きたいんだろうなぁ。


そう、家族が思っているだけで、腰椎椎間板ヘルニアの闘病をしている、本人の気持ちが楽になるのではないでしょうか?


家族の思いやりと本人の努力が、腰椎椎間板ヘルニアの闘病には一番の薬ではないでしょうか。